1. HOME
  2. ブログ
  3. イベントレポート
  4. 【海外教育講演会】教育先進国ニュージーランド

BLOG

ブログ

イベントレポート

【海外教育講演会】教育先進国ニュージーランド

教育先進国ニュージーランドから学ぶ幼児教育とおうちでできるモンテッソーリ―教育

とことこあーすは「地球で子育て」をテーマに、海外在住の日本人(海外で子育て中の方・海外の教育に関わりのある方・素敵な生き方をされている方など)をゲストにお招きし、日本にいながらでも、海外の子育て事情や考え方を知ることで、日本で子育てされる方にとっての、暮らしや子育てのヒントになればという想いでイベントをしています🌏✨

今回は、子育て先進国ニュージーランドの現地でモンテッソーリメソッドを取り入れながら活躍されているAKOさんと、幼児教育や暮らしの楽しみ方についてお話していただきました。

ゲスト:AKOさん

日本で保育士・ベビーシッターとして 80家庭100名以上の子供たちとその親御さんをサポートされ、現在はチャイルドリフレーミングアドバイザー(子育てカウンセラー)として、子育て先進国と呼ばれるニュージーランド(以下NZと書かせていただきます)へ移り住み、 現地の子育て事情・幼児教育現場の視察などをし、幼児教育を学ばれています。そして、オンラインで日本の子育てに奮闘する親御さんの肩の荷が下せるようにと、モンテッソーリ教育のメソッドや身体的な面(ピラティス)を取り入れてサポートされています。

◯チャイルドリフレーミングアドバイザーの由来

リフレーミングとは、人の言動においてネガティブに捉えられがちなことから、視点を変えてみることで、ポジティブに捉える方法です。こどもたちの言動をリフレーミングしてみることにより、自己肯定感が育まれるような接し方のTipsを提供していけたらという願いを込めて名付けました。

今回のトークテーマは
①子育て先進国ニュージーランドの子育て&幼稚園事情
②家庭の中でのモンテッソーリ教育の取り入れ方
③暮らしを楽しむヒント
トーク中から、チャットで沢山感想や質問いただいたり、座談会の時間に参加された方から直接AKOさんへ質問もいただき時間がまだまだ足りない会となりました😊

①子育て先進国ニュージーランドの子育て&幼稚園事情

AKOさんがNZで視察された、様々な幼児教育施設の様子を写真で見せていただきながら、実際にあった素敵な子供たちのエピソードを交えて、現地の子育て・幼稚園事情についてお話を伺いました。

その中でも、NZで特徴的なラーニングストーリー*のお話や、子供の自由な遊びを尊重できるために考えられた環境設定や先生の子供への接し方などなど、興味深いお話を伺え、私自身も一人の親として、子供と接する上で「できた・できないという結果」ではなく「子供がしようとした過程や考え方」に注目すること、また「見守り、サポートする」ことがいかに大切なのかを学ぶことが出来ました✨

また、子供たちの自尊心を高め、親に褒められたり、誰かに認められるためではなく、自分の意思で良いと思う行動ができる子を育てるためのヒントなど、今までにはない視点がたくさんありました☺

*ラーニングストーリー:NZで特徴的な、写真つきの先生がつづる子どもたちの成長記録。
日本の連絡帳 とはまた違う、子供たちがした結果やスキルではなく、過程や取り組み姿勢にフォーカスして掘り下げた会話が書かれたもの。誰でも閲覧でき、客観的に自分やお友達の成長を見れるもの。

②家庭の中でのモンテッソーリ教育の取り入れ方

モンテッソーリ教育とは100年以上前に、マリアモンテッソーリという女性医師が構築した幼児教育メソッドで、アコさんがベビーシッターなどに取り入れ、伝えたい理由であり、大切にされている考え方は

*子供はすべてのことが出来る能力をもって生まれてきた。子供が自分で育ちたいという育ちを周囲の大人や親などが環境設定とサポートをするだけで充分。自立と自律出来ることを最終的なテーマであること*

というもの。

そのような視点から、AKOさんから家庭で取り入れられる方法を聞いたり、参加していただいた方よからのたくさんの質問(兄弟の事、仕事と育児の両立、遊びの疑問、子供の「困った」行動について、テレビやゲーム・スマホの悩みなどなど‥)丁寧に回答していただきました✨

③暮らしを楽しむヒント

「子供の目の前の育ちを大切にするためには、 何か特別なことをするのではなく子供を観察することが大切」 という言葉が私自身とても印象に残っており、子供に何か特別な経験をさせてあげないとと考え過ぎていたことに気づき、日常のなかで子供が育とうとしている事、興味が有ることを見落とさず、大切なんだとハッとしました😊

また、ママや妻としてだけではなく、自分のための時間を取り楽しむことで生まれる心の余裕やゆとりがととても大切で、親戚・シッター・一時保育自分の時間・自分にお金をかけることに罪悪感。家族・子供のためだったら頑張れるけど、自分のためはダメなことをしていると感じていたことに気づいた。
ママも自分の時間をとってママが幸せになることで子供とのかかわりが変わることがある。

AKOさんのお話が、毎日の子育てや暮らしのヒントになれば幸いです。
ご参加くださった皆様、ありがとうございました!

とことこあーすのイベント一覧はこちら>>

関連記事