子育て先進国ニュージーランドから学ぶ!幼児教育と暮らしの楽しみ方 シリーズ

ゲスト:AKOさん(ニュージーランド在住)
日本にてベビーシッターとして家庭の中でお子さんと親御さんをサポートされた後、ニュージーランドへ。子育て先進国のニュージーランドにて、幼児教育を学んでいる。

子育て先進国と呼ばれるニュージーランド。
1980年代から国をあげて幼児教育に力を入れて取り組み、すでに約40年が経つ。
そしてその教育を受けたお母さん達が、ちょうど今子育て世代となっている。

今回のコロナでも世界から賞賛を浴びた女性のアーダーン首相も、
この教育を受けた子育て真っ最中のママ。

ニュージーランドでは「いかに暮らしを楽しむか」というこを大切にしていて、
その中で子供との関わり、ママの時間、家族での挑戦など
バランスを取りながら過ごしているそう。

ニュージーランドだけではなく諸外国の子育てへの考え方、
またAKOさんが学ばれたモンテッソーリ教育の「子供には自分を育てる力が備わっている」という理念の元、
具体的に家庭での取り入れ方などを通して、
「遠い海外の国」としてだけではなく、身近に取り入れられる子育てのヒントをお伝えします!

次回9月を予定しております。
最新情報はLINEにてご案内します>>
※旅や海外教育、海外子育てに関してのイベントをご案内しています。

2020年7月18日はこちら(終了しました)>>
2020年6月20日はこちら(終了しました)>>

【参加されたお客様の声】
■ 色々とお話を聞けてすごく参考になりました!悩んでいるのは私だけじゃないし、子供をもっとのびのび育てたいなと思いました。

■ 貴重なお話しありがとうございました。海外の幼児教育や、モンテッソーリ教育に興味がありましたのでとても有意義な時間となりました。 日々子供と生活する中で何度か、この対応や言葉がけでいいのかという迷いの中で子供と接することがあります。自分に余裕がないときはイライラしてしまうこともあります。余裕をもって生活できるためにもマイタイムは意識して取り入れていきたいと感じました。 子供のやりたいという気持ちを伸ばすためにも環境から考えたいと思います。ついダメと言ったり、大人の都合で物事を判断してしまいがちです。子供の視点で物事を見て、認めてあげられるよう意識を変えていきたいです。ですが、夫や祖母など私以外の大人にもそれを共有できるかはまだ課題です…(^_^;) また、詰め込み式の教育に違和感を感じていましたが、まず家庭で子供を認めて信じてあげることが1番大切なのですね!夫にも話して夫婦で子育てしていけたらと思います。

■ 話にとても引き込まれて、子どもとの関わり方や自分のことを見返すよい機会になりました。具体的に例を挙げて貰えたので分かりやすかったです。次回も参加したいです。

■ NZだけでなく、フランスでの教育姿勢についてもお話いただけ、視野を広げて頂けたと感じます。他国の文化や価値観に触れることは、より選択肢を広げ、自分らしく生きていく上で大切な機会だと感じました。AKOさんの、現地の学校で見聞きした内容は、とても分かりやすく、NZや教育に関心のない友人にも伝えられる内容です。教育を学ぶことは、生き方と向き合うことでもあるので、子育てをされていない方にも、年齢性別関係なく触れてほしいお話だと思います。 とても貴重な機会をいただけて、ありがとうございました。

■ 具体的なお話や、幼児教育施設の写真をたくさん見せていただけてとても楽しかったです! 1人の人として接するのは、大切ですよね。 大学卒業以来、ずっと幼稚園教諭をしています。自分の保育観で少数の子どもと関われるシッターの仕事もいいなと思いながら、なかなかできずにいます。なので、あつこさんのお話がとても興味深かったです。日本でも海外でもできるんだ!って。 昨年のラグビーW杯から息子がラグビーにどハマりしているので、ぜひニュージーランドにも行ってみたいです。 今第二子妊娠中で次回は予定日直前になるので、できれば参加したいと思っています。 ありがとうございました。

留学のスペシャリストからみた! 親子留学やスペインでの子育て

ゲスト:TOMOKOさん(とことこあーす街歩きガイド)
ご自身も複数の国へ留学経験があると共にバルセロナに移住して留学エージェントとして
留学生のカウンセリングをされておられました。
小学生の子供とヨーロッパに親子留学されたり、スペインの長期休み期間には、毎年日本の学校に入学しているなど教育や子育てについて広い視野を持っている。

留学のスペシャリストからみたヨーロッパ親子留学事情や
バルセロナでのありのままの日常のお話や日本の子育てとの違いについて
子育ての楽しい国スペイン在住17年&現在子育て中のママでもある
TOMOKOさんの目線から自分の好きな・得意なことを通して 
学びのモチベーション・自分を大切にし、心地よく生きるための子育てのヒントについての話などなど。感じたことを楽しくご紹介します。

2020年7月11日はこちら(終了しました)>>

【参加されたお客様の感想】

■親子留学したことなく不安はありますが、勇気を出して海外へ一歩踏み出そうと思えました

■スペインの子育てを聞いて、やっぱり日本の母は、こうあるべきというイメージにとらわれていて、耐えている人が多いなと感じましたし、自分もその一人じゃないかなと思って、もっと自分を解放してあげたいと思いました。

■24年間日本で生きてきたものだからこの日常が当たり前と思ってましたが、お母さん以前に一人の人間だと思い出せました

■日本の育児方法とは真逆で、こういったバルセロナのような環境で育児ができたらどんだけのママが救われるんだろうと思いました

■子育ての話とても参考になりました。日本だけ常識に捉われず、自由な発想で子育てをしたら自分も家族も楽になるし、 楽しいだろうなと思いました。

■海外へ行く前に、まず行き先の国について調べなくちゃと思っていましたが、その前にまず日本のことをもっと知っていた方がいいことが分かりました 。 外国の方は、自分の国の文化や歴史に詳しいし自国を愛していて、そこが日本の人は弱い部分と思います。聞かれた時にすぐ答えられるようなアピールポイントを持つといいなと思いました

■ 話を聞けば聞くほど日本での子育てが嫌になってきました(笑)いずれは海外でチャンスを掴みたいなとが膨らむ講座でした!

■興味深いお話で、親子留学というのがすごく身近に感じられて、コロナが落ち着いたら絶対家族で親子留学しようと思いました!

■ とても勉強になりました!私は今は子供はいないですが、子供が出来たら歴史のあるヨーロッパへの留学したいと思いました。 子供目線だと留学や観光に行ける場所もこだわりポイントが違いますね!勉強になりました。

代表戸田の家族で世界一周~世界で子育てしてみました~

2019年7月〜2020年3月まで約8ヶ月間かけて、リスタートトラベル戸田が、子どもたち3人(出発時長女8歳、ダウン症をもつ長男6歳、次女1歳)含めた5人で世界一周をしました。
全4回にわたり、世界一周のシェア会を行いましたので、ご報告させていただきます。

ZOOMでの4回のイベントを通じて、計250家族以上もの方に参加していただき感謝でいっぱいです!!イベントHP

4月26日 戸田家世界一周<前半>(終了)>>
5月3日 戸田家世界一周<後半>(終了)>>
5月6日 戸田家×東家(同じく家族5人で世界一周家族)(終了)>>
5月16日 戸田家×森本家( 車椅子の子供とヨーロッパ旅家族とスペシャルニーズの話)(終了)>>